So-net無料ブログ作成

亀有駅前の衆院選応援演説 [亀有のもろもろ]

 
数日前、亀有駅ロータリーで、尋常ではない人だかりが目に入りました。
ストリートパフォーマンスでギター弾きながら歌ってる人たちの時とは明らかに違うし、AKBでも来てるんだろか。 でも、「SP」なんてバッジを付けてる人もウロウロしてる。

どうやら、自民党総裁が東京17区からの立候補予定者の応援演説にやってくるらしい。
でも、貼ってあるポスターには1時からって書いてあって、その時間は過ぎてるのに、その姿は見当たらない。

IMG_1575.jpg誰だか知らないけど、同日に選挙のある都議や区議への立候補予定者がじゃべってる。
有名外タレのコンサートじゃあるまいし、何で前座がこんなにたくさんいて、長時間しゃべってるんだろう。

阿倍総裁は40分過ぎに登場。

東京の選挙区のうち、ここ17区は前回の総選挙で自民党が勝った唯一の選挙区。保守の地盤というより、平沢勝栄氏の知名度の高さに、区議からの転出候補はかなわなかった。
前回、自民党が勝ってるんだから、民主党の支持率が下がってしまった今となっては、激戦区ではないし、阿倍総裁が来るまでもないと思うけど。



選挙とか政策の内容をネタにブログにするつもりはなく、今回はこの街頭演説で不思議に思ったこの光景。 この演説は誰に向けて話をしていたんだろう。

IMG_1550.JPG街宣車(でいいのかな? 右翼の車じゃないよ)の演台の正面から少し横に見えたのがこの光景。

Iphoneのカメラだったので、写り悪いけど、最前列に脚立を立て、上にカメラマン。 それが4人~5人、横に並んでる。

IMG_1557.jpg正面には2人。
後からやってきて、最前列に、何と脚立を立ててカメラを構えてる。 脚立を使うなら、後ろでもいいはずなのに。

聴衆のうち半分くらいの人は、カメラマンがさえぎって、スピーカーが見えなかったんじゃないかな。

IMG_1566.jpg誰のための演説なのか、マスコミの人は考えが及ばないんでしょうかね。

演説絵のヤジはなかったけど、この人たちに怒って「見えないぞ~」ってヤジは何度もありました。
それを報道してほしいもんです。



でも、(こっちから見えないんだから) 壇上にいるスピーカーからも、聴衆は満足に見えず、脚立に乗り壁のように取り囲んだメディア関係者が見えてたんじゃないかな。 地域の人に話をしようとやってきてるのに、マスコミが壁を作って遮ってたら、普通は怒るはず。 そう考えると、演説してる人も、地域の人を対象にして話してるんじゃなく、メディアに向けて話す場との認識だったってことなんでしょうね。

昨夜のNHKのニュース、阿倍総裁の演説風景が報道されてました。 車の上で話してるんだけど、カメラは正面からとらえてたから、そのための最前列での脚立だったようです。

演説を聞くために集まった多くの葛飾区民は、この公開録画のエキストラとなりました。

タグ:選挙 演説
nice!(47)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

秋の雲 [日々のこと]

 
DSC_1269b.jpg

写真は10月の上旬の午後、外出した時に目に入った不思議なカタチの雲です。

魚の鱗のような、模様のある小さな雲が重なってるところと、大きな穴のようなところがありました。
今まで雲を興味を持って見たことがなかったから、これが普通にあることなのか、珍しいことなのかわからないけど、自分には不思議な光景でした。

「うろこ雲」ってあるらしいけど、このことかな。よくわからない。



DSC_1333.jpg

この大きな穴も不思議。吸い込まれるような。



DSC_1347.jpg

飛行機で雲の上から撮ったような景色に似てますね。
今さら雲のカタチで驚くことがあるとは思ってもみませんでした。



今日は、奥武蔵の子の権現へハイキングの予定だったけど、風邪をひいてしまい中止。 家で過ごすことになったので、少し前に撮った写真を記事にしました。

タグ: 亀有
nice!(47)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

都心の紅葉(2012/11/15) [日々のこと]

 
紅葉を求め都内の公園(六義園、旧古川庭園、新宿御苑)と表参道に行ってきました。
歩いたのは棒の嶺に行くよりも4日前の11月15日。 ネットの紅葉情報では、色付き始めってことだったけど、どこも紅葉しているのはカエデ以外の木。 期待していたカエデの葉は緑色。 紅葉にはまだまだでした。


六義園 (りくぎえん)


最初に行ったのは六義園。
22日から夜間開放 and ライトアップが始まったので、今は紅葉してるかもしれないけど、行ったのは15日。 まだ紅葉には不十分で、カエデの木は、全体に緑色のまま。 赤くなりかけの葉もありませんでした。

2012115_D3J_14b.jpg

2012115_D3J_08.jpg

2012115_D3J_09.jpg

赤色が目に入ったけど、それは幼稚園児の帽子でした。


旧古川庭園


旧古川庭園が紅葉の名所かどうかはわからないけど、六義園から近いので行ってみました。
前の日にNHKの昼番組でここからの中継があったとかで、園内は混雑してました。

2012115_D3J_36.jpg

2012115_D3J_32.jpg

2012115_D3J_35.jpg

2012115_D3J_27.jpg

赤くなってるのは、写真に撮った1本だけ。 ハゼノキだと思います。
紅葉はほとんどなかったけど、建物の前の庭園では、薔薇がたくさん咲いてました。


表参道


六義園、旧古川庭園とも紅葉には早すぎた。 他の場所でも、都心で紅葉はまだまだのようでした。
紅葉が期待できないなら黄葉はどうだろう。 とにかく秋らしい光景が見れそうな所へ行こうと考え、表参道へ向かいました。
紅葉は期待できないけど、黄葉してればイチョウ並木がきれいなはず。

2012115_D3J_44.jpg

2012115_D3J_49.jpg

2012115_D3J_51.jpg

ここは期待通り、黄色くなったイチョウがきれいでした。
このあたりに来たのは何年ぶりだろう。 セランがなくなってて、 キハチ本店が建設中でした。

経営が同じとはいえ、表参道のあの場所は、キハチじゃなくセランのような気がする。
表参道とセラン、セットで思い出のある人も多いんじゃないかな。


新宿御苑


表参道から歩いて新宿御苑へ。
新宿御苑には初めて行きました。 そういえば、六義園も旧古川庭園も、この日が初めて。 東京の有料庭園には入ったことがなかったような気がする。
ここは、プラタナス並木がきれいでした

2012115_D3J_57.jpg

2012115_D3J_59.jpg

2012115_D3J_60.jpg

新宿御苑では、菊花壇展を開催中でした。

2012115_D3J_82.jpg

2012115_D3J_68.jpg

2012115_D3J_69.jpg



新宿御苑でこの日の公園巡りは終了。

都心部の紅葉はどこもイマイチだったので、山の方がいいのかなと思って行ったのが、前回の記事にした棒の峰でした。

nice!(46)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

奥武蔵 - 棒の嶺 [関東ハイキング]

 
D30_2307.jpg
- 名栗湖 -

「白谷沢の紅葉はすばらしい」
こんな話をどこかで聞いていた僕は、秋になったら名栗湖に行こうと考えてました。
そして、Yahooなどの各種情報で紅葉が見ごろとなった9月19日、白谷沢を通り棒の嶺に行ってきました。



■ 名栗湖

名栗湖へは飯能からバスで向かいます。 さわらびの湯で下車し、そこからは白谷沢の登山口に歩くと、紅葉の名所となっている名栗湖(有馬渓谷)があります。

名所にして紹介されてる割には、思ったより紅葉する木も少なく、紅葉の風景を撮るためには、名栗湖全体の景色じゃダメ。 一部の紅葉しているところを切り取るしかありません。 時期としては少し早いのか、紅葉してる木もあるけど、全体真っ赤とはいえません。

D30_2280.jpg

D30_2289.jpg



■ 白谷沢

名栗湖も奥まで歩けば、紅葉のポイントがあったかもしれないけど、山と白谷沢が目的なので、登山道に入ります。 でもここの「紅葉がすごい」のは、誤った刷り込みだったみたいで、カエデなど真紅になる木はほとんどありませんでした。 ここは紅葉ではなく黄葉です。

D30_2336.jpg

D30_2314c.jpg
黄色い葉のトンネルを抜ける渓流。 期待したのは紅だったけど、この光景もすがすがしく、きれいでした。

夏には見かけることのなかった若い女性のグループもいくつか。
紅葉シーズンだからかな。



■ 棒の嶺

棒の嶺山頂。 残念ながら曇りでした。

D30_2349.jpg
雲の下に周囲の山が見えて、眺めは悪くはないけど、晴れてないと色が良くないからね。

D30_2350.jpg



帰りは尾根道。 下りてからは、さわらびの湯に立ち寄って帰りました。

期待してた紅葉は、名栗湖周辺に散在してるだけ。
来週は、黄ではなく紅を期待して、東郷公園 - 子の権現 - 鳥居観音を歩く予定です。

nice!(51)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

せとうち車旅 - 帰路 掛川で1泊 [静岡]

 
120916_153035_n0984b.jpg
- 掛川城 -

瀬戸内海の半分くらいを、車で1周旅行した記事の最終回です。

福山から東京へ帰る途中は、掛川で1泊しました。 ここは、帰りの運転が長距離になり過ぎないようにするために泊まったので、あまりあちこち行くつもりはなく、神社とお城を簡単に回りました。



■ 事任八幡宮は秋の例大祭

事任八幡宮 (ことのままはちまんぐう)は遠江一の宮。 ちょうど秋の例大祭の日でした。
一の宮の例祭だし、神輿も出る。 周辺は渋滞したり、駐車場もないんじゃないかと、車はホテルに置いて、バスで向かいました。

120916_144619_n0980.jpg着いてみると、思ったより静か。
周囲は渋滞もなく駐車場も空いている。
露店も少しだけ。

半纏を着た人が歩いてるので、お祭りがあることはわかるんだけど。

120916_144742_n0981.jpg
本殿に向かう石段。

120916_144941_n0982.jpg
普段がどんなだか知らないけど、お祭りの日にしては、参拝者は少なく、本殿の前もこんな感じ。

地元の人のお祭りでした。



■ 掛川城

120916_153234_n0985.jpg
天守閣の入口まで行って中には入らず、あとは公園になっている周囲だけを歩きました。



■ 掛川駅

120916_160546_n0987.jpg
お城側の駅舎は木造でした。
新幹線も停車する駅なんだけど、のどかな木造駅舎に違和感がないほど静かな駅前でした。

120916_192911_r1957.jpg
夕食後、天竜浜名湖鉄道の駅にも行ってみた。

120916_192827_r1954.jpg
一畑電車や小湊鉄道のような列車が、自分にとってのローカル鉄道なんだけど、ここのは随分新しい。



翌日は東京まで移動。
長い旅行もやっと終わりました。
ブログも、これからは週1回~2回更新の、通常の運用に戻ります。

長い間、読んでいただいてありがとうございました。

nice!(60)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

せとうち車旅 - 尾道の渡船と向島高見山 [山陽]

 
120915_165328_r1910.jpg
- 向島 高見山 -

瀬戸内海の半分くらいを、車で1周旅行した記事を更新中。

福山での連泊の中日、備後一の宮の2社に行った後は、尾道に戻り向島に行きました。
国道2号線尾道バイパスから向島に行くには、しまなみ海道に入って新瀬戸大橋を渡るのが便利だけど、使ってみたい交通機関があり、一旦尾道駅に向かいました。



■ 向島へ行くには渡船が便利

使ってみたい交通機関は尾道 - 向島間の渡船。 昼食の時に、海辺を歩いてて見つけました。

フェリーを使う時、普通だったら、船の時刻に合わせて港に行って、車検証を持って乗船手続きをし、乗船時間まで長い時間待つのが普通だけど、ここのフェリーはこの3つとも不要。
なんたって、船の時刻は決まってなくて、運行時間内はピストン輸送している。 私が乗った時は、たまたまだけど往復とも船へ乗船してる時で待ち時間はなし。
そして何より、フェリーとしてはありえない安さ !!

120915_113645_n0901.jpg
乗船券を買う窓口はなく、人も自転車も車も乗船手続などしないまま桟橋で待ってます。尾道・向島間には他に2社の渡船があるようです。

120915_113817_r1837.jpg

120915_113758_n0904.jpg



120915_113606_r1832.jpg入口にある驚異の料金と運行時間の看板

大人 60円
子供 30円
自転車 10円(運転者別)
バイク 20円(運転者別)
車 ~3m 80円(運転者込)
 ~4m 90円(運転者込)
 ~5m 100円(運転者込)

5m以内の車の運賃から、大人運賃を引くと40円。 車1台40円 !?
本当かなあ?
危なくないのかな?
車に塩水被ったりしないか?   なんて思ったりしたけど。

営業時間は、始発 6時、終便 22:10。 その関は頻繁に運行だそうです。
5m以内の車で同乗者が1名いると、160円になって、尾道大橋(150円)より10円高くなるけど、駅の近くからだとこっちが断然便利。



渡船の航路を、千光寺公園から撮った写真で確認してみます。

120915_091824_n0864.jpg
向島側は森の左下あたりに桟橋があり、ほぼまっすぐ真下に尾道側の桟橋があります。

川ぐらいの幅の水路を、船の向きも変えずピストン往復してる。
120915_091901_n0866.jpg
ZOOMするとこんな感じ。

距離の短さが、安さの秘密か?



120915_162712_n0940.jpg
船に乗ると、乗務員さんが集金に回ってきます。

料金表の通りとはいえ、車と乗員2名で160円だったのは、なんだか嬉しかった。

120915_162836_n0947.jpg隣を航行してた、同業渡船会社の船。

基本的に生活航路のようで、地元の車、地元の人が多かったと思います。

120915_174507_n0972.jpg帰りも福本渡船。


2分~3分で対岸に着くので、車から出ても、ゆっくり風景を楽しんだり写真を撮ったりはできません。 自転車通学の高校生も、自転車に乗ったまま到着を待ってます。




■ 向島 - 高見山

高見山には展望台があり、上がった時は見事な眺望に息を飲みました。
いや、すごい。 この場所を教えてくれたお好み焼き屋さんに感謝です。

120915_170006_n0963.jpg
- 四国(南)方面 -

120915_165838_r1913.jpg
- 田島・鞆の浦(東)方面 -

120915_165938_n0961.jpg
- 四国(南)方面 -

120915_164925_r1903.jpg
- 三原(西)方面 -



長かった瀬戸内旅行では、ここが最後の訪問地。 高見山の景色、驚きの渡船、お昼に行ったお好み焼き屋さん、尾道は楽しい思い出の町になりました。

翌朝から東京に向け出発です。 まずは静岡県の掛川まで。

もう少しだけ続きます。

nice!(44)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

せとうち車旅 - 備後一の宮 [山陽]

 
瀬戸内海の半分くらいを、車で1周旅行した記事を更新中。

尾道で食事をしたあとは、備後一の宮の2つの神社に行きました。
両方とも福山市にある神社だけど、福塩線で府中市に近いのどかなところで、周囲は山に囲まれています、



■ 吉備津神社

備後一の宮 吉備津神社は大吉備津彦大神を主祭神とする福山市にある神社です。 「吉備津神社」と聞くと、岡山市にある備中一の宮の吉備津神社が有名で、私は行くことを決めるまで混同してました。
ここは、岡山市の吉備津神社からの分祀と伝えられているそうです。

120915_145217_n0924.jpg
- 上随神門と神楽殿 -

120915_145338_n0925.jpg
- 拝殿と本殿 -

120915_145416_n0927.jpg
- 拝殿と本殿 -

120915_145613_r1876.jpg
- 本殿 -

120915_150121_n0931.jpg
- 本殿 -



■ 素盞嗚神社

素盞嗚神社も備後一の宮で、素盞嗚尊を主祭神としています。吉備津神社から車で5分くらい。
参拝者は少なく社殿も質素。 近所の人の遊び場になってるようで、自転車の練習にきた親子や高校生カップルがのんびりと過ごしていました。

120915_153122_n0934.jpg
- 随神門から舞殿 -

120915_153337_n0937.jpg
- 拝殿 -

120915_153500_n0938.jpg
- 舞殿 -

120915_153135_r1885c.jpg
- 舞殿 -



このあと、再び尾道に戻ります。 向島の高見山に行くためです。

続きます。

nice!(48)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

せとうち車旅 -尾道 お寺と昼ごはん [山陽]

 
瀬戸内海の半分くらいを、車で1周旅行した記事を更新中。
今回は尾道の続きです。

尾道は坂と寺の町。 お寺のお堂や塔が散在し海も見える、楽しい散策コースです。
駅に近い持光寺から海龍寺までの2kmの間に、約20のお寺があり、 また「尾道七仏巡り」として、持光寺を起点とした7寺を巡礼するための朱印帳もあります。



私たちも「尾道七仏巡り」に参加することにしました。 千光寺から山を下りると、最初にあるお寺は天寧寺。 尾道七仏巡りの札所の1つだけど、ここは最初から打っていこうとスタート地点になる持光寺に向かいました。

120915_104350_n0888.jpg

120915_104704_r1812b.jpg

120915_104945_n0891.jpg

120915_105335_r1815.jpg

石畳と白壁、黒塀、港町にはネコ。 尾道の散策は楽しいです。



120915_105641_n0895.jpg
- 宝土寺から向島 -

120915_110651_r1825.jpg
- 光明寺 -

120915_111404_r1827.jpg
- 持光寺 -
持光寺に着いたのが昼前。 ここから「尾道七仏巡り」スタートするんだけど、一旦、駅前の商店街で昼食することにしました。



食事のお店を探すと言いながら、フラフラと海辺へ。
対岸は向島。 晴れた日の海を見るのは気持ちいい。

120915_113401_n0898.jpg



それで、昼食。
尾道だったら、お好み焼きかラーメンか。
だけど、 「尾道ラーメン」がそうなのかは知らないけど、人気のラーメン屋さんは、スープが濃すぎて好みじゃないことが多いんだ。 もうトシだから。
それに、ご当地ラーメンっていっぱいあるけど、まあ、それぞれ言い分というかセールスポイントがあるみたいだけど、実際のところその土地で食べなきゃいけないほど違うのか?
僕は昔からある中華屋のラーメン(関東風醤油)と、モヤシたくさんの札幌味噌ラーメンと、細麺トンコツの九州ラーメンの3種類だけあればいいんだけどね。



お昼はお好み焼きにしました。
NHKの朝ドラで舞台となったお店もあるようだけど、そうゆうお店はパス。 駐車場でもらった「尾道ぐるめマップなるパンフレットにも載ってるようなお店もパス。 海辺のお店に入りました。

120915_121443_r1847.jpg
写真のお好みは2つ注文して、シェアした状態です。

うまかったです。
「尾道〇〇」、この地で〇〇に入るのは、「お好み焼き」でしょう。

120915_120110_r1845.jpg120915_120640_r1846.jpg

お店はの大将は一見では難しそうな人かなって思ったけど、話し始めるとメチャクチャ気さくで明るい。
いやーおもしろかったです。お店にいる間はずっと話してて、お好み食べただけなのに2時間近くいたんじゃないかな。夕食に時間がかかっても寝る時間が遅くなるだけのことだけど、ランチのお好み焼きで2時間もかかってしまうのは誤算で、このあとの予定は大幅に変更。 「尾道七仏巡り」や「猫の細道」が流れてしまいました。 でも、楽しい時間でした。尾道に行くことがあったら、また寄ると思います。

尾道の情報も、ちゃんとゲットして、このあと行ったアイスクリーム屋さんや、瀬戸内の眺めがいい向島の展望台(高見山)のことを聞き出しました。



120915_130708_r1851.jpg
お好み焼き屋さんで聞いたアイスクリーム屋さん。
おいしかったし、店員さんもかわいらしくて超ストライクの店でした。

尾道には瀬戸田のジェラート屋さんの支店もあるようです。



このあと、備後一宮の「吉備津神社」と「素盞嗚神社」に行きました。この2社は福山市の山側。
尾道七仏巡りや向島(高見山)にまず行きたかったけど、そうしたら神社に着くのは夜になってしまう。 当初の予定を優先させて、神社に向かいます。

続きます。

nice!(38)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

せとうち車旅 - 尾道 千光寺公園 [山陽]

 
120915_091116_n0850.jpg

旅行13日目。 瀬戸内海に、またもすばらしい眺めのところがありました。
尾道駅の近く、ロープウェーを上がったところにある、千光寺公園です。



千光寺公園には展望台がありました。
細い水道は川ではなく海。 向こう側は、尾道側からしまなみ海道を通った時の、最初の島「向島」です。島の向こう側には海、さらにその先には四国の山々も見えます。

120915_134410_r1862b.jpg
- 四国(南)方向 -

120915_134219_n0905.jpg
- 尾道駅・向島(南)方向 -

120915_134242_n0907.jpg
- 三原(西)方向 -

120915_134348_r1860.jpg
- 尾道大橋(東)方向 -



9月の3連休だったこともあり、千光寺はたくさんの観光客が来ていました。

120915_093712_n0873.jpg
- 鐘楼 -

120915_094410_n0880.jpg
- くさり山 -

120915_093114_n0870.jpg



尾道駅から東に2kmくらいの範囲で、お寺が散在しています。 千光寺から山を下ると、最初にあるのが天寧寺の三重塔。 このあたりは、まだ眺めがいい。

120915_103321_r1803.jpg
- 天寧寺 三重塔と尾道大橋 -



この日の天気予報は、午前中が晴れ、昼から曇りだったけど、1日中晴れてくれました。 気持ちよかったです。 海の見える景色は晴れてくれないとね。

このあとは、駅前からの商店街や、海辺に行きました。

続きます。

nice!(38)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

せとうち車旅 -福山ゴハン [山陽]

 
瀬戸内海の半分くらいを、車で1周旅行した記事を更新中。
東京を出発してから12日目。 いろいろな町に立ち寄りながらしまなみ海道で福山に到着。 これで、瀬戸内海の半周しました。

福山では2泊しました。 今日は、2泊分の夕食ネタです。



■ 福山1泊目はお寿司屋さん

福山市での1泊目。 ホテルでもらった、飲食店の地図をもとに、市内をフラフラと歩き、お寿司屋さんに入りました。

120914_194536_r1765.jpg
この旅行、最後の刺身。
大将におまかせにしましたが、いいものを選んでくれました。

120914_201921_r1766.jpg
お寿司も数貫。

ここのお店では、ちょっと珍しい包丁使いが見れました。
最初、何してんのかな? って思ったことなんだけど、包丁を、まな板と水平方向に激しく前後させて、何かをスライスしてる。 何というか、忍者が手裏剣をシュシュシュシュって感じで連続で投げてるような感じ。
で、何を切ってるかというと、生姜(ガリ)。
壺のようなものの中に、丸い生姜が入っていて、客に出すときにそれをまな板の上に置き、包丁はまな板に向け縦に下すんじゃなく、横向きにシュバシュバって切ってる。

塊の生姜を使い、客に出す直前にスライスするこだわり。
刺身とお寿司もおいしくて、いいお店でした。



■ 福山2泊目はイタリアン

福山2泊目の食事は、前の日に街を歩いてるときに見つけた、感じがよさそうなイタリアン。
ここ、値段はそんなに安くはないのに、いいモノ食べてる感じがしなかったんだよね。見た目はともかく、内容がね。金メッキ、銀メッキの宝飾品みたいな感じ。さみしかった。

120915_191447_r1932.jpg120915_192248_r1933.jpg
120915_201448_r1937.jpg120915_205201_r1939.jpg

せとうち旅行では最終となるこの夜の食事、満足してシメとしたかったところだけど、イマイチ納得できないで終わりました。 まあ、お店がどうこうじゃなく、自分と合わなかっただけのことなんだけどね。



福山2泊の中日は、尾道に行きました。

続きます。

nice!(33)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。