So-net無料ブログ作成

タリスでパリからブリュッセル (2010年夏休み#06) [France - フランス]

 
パリ北駅
<パリ北駅のタリス>

夏休みの、フランス-ドイツ旅行の続きです。
パリの最終日は、教会巡りのあと、タリスでブリュッセルに向かいました。(2010.6.28)

タリスに乗るのは、今回の旅行で楽しみにしていたことの1つです。旅行の出発前にパリ-ブリュッセルの時刻表を調べ、インターネットからチケットレスで購入。予約した翌日に届いたメールを印刷して持って行きました。
チケットレスは前にもTGVで使ったことがあるけど、SNCFの駅やブティックに行く必要がなく、旅行者にとっては便利なシステムだと思います。



ホテルはサンラザール駅近く。タリスの出る北駅まではタクシー、バス、RERで行けるけど、始発で1駅だからRER E線を使うことにしました。
RER E線の駅はサンラザール駅も北駅も、そんなに古いわけじゃないはずなのに、異様に暗い。
何か事件があって、目撃者になったとしても、顔がわかんないくらいの暗さです。

乗り換えの北駅周辺は、治安がよくないって外務省の「海外安全ホームページ」にも出てるけど、ホームとか明るくすると、随分変わるんじゃないかな。



薄暗いRERの駅構内から、SNCFの構内に入ると急に明るくなり、すっかり危険な雰囲気はなくなります。下の写真は、そこからさらに地上に出た駅のホームです。

パリ北駅
北駅には電車の出発する30分くらい前に到着。時間があったので、駅構内を見渡せる2Fのカフェで休憩していたんですが、発射時刻が近づくと掲示板に表示されるはずの出発ホームの番号が出てきません。

出発時刻が近づくにつれ、たくさんの人がこの案内板の下に集まってきました。案内板を見上げ、出発ホームが決まるのを待ってます。
駅構内では「タリス」って単語を含んでる何かがアナウンスされてるんだけど、何を言ってるのかさっぱり。。。
たぶん「遅延」か「運休」のお知らせなんだろうけど、運休だったら「払い戻ししたい」とか「次の列車に変更したい」とか、フランス語で言わなきゃなんない。これは、ピンチだ!!



たかが乗車時間で1時間20分くらいの距離しかない、パリ-ブリュッセルのタリスが1本、遅延するか運休するかのことですが、会話が出来ない自分にとってかなりあせりました。
でも、出発時刻を少し過ぎたとき、この案内板に出発ホームが表示され、それと同時に案内板の下で待ってた人たちも大移動。約30分遅れでタリスは出発しました。



今回の旅行で長距離電車に乗るときは、スーツケースも一緒に持ってるので、荷物を置く場所に余裕があるようにと、1等を予約しました。
でも、思ってたより余裕がない。荷物は網棚かデッキ付近に専用の置き場があるけど、どっちもほぼいっぱい。観光シーズンが始まって、ビジネス客より旅行客が多かったせいかもしれません。



タリスの1等は、食事かお菓子のサービスがあるって聞いてました。16時ころパリ発の、このタリスはお菓子でした。飲み物はジュースやコーラなどのソフトドリンクや、ワインもありました。

タリスタリス
タリスタリス

洋服掛けの上には、妖しい色合いのライトが。こーゆーのが、ヨーロッパの人の趣味なんでしょうか。



ブリュッセルには、出発と同じ30分遅れで到着です。予定した電車に乗って、到着は少し遅れただけ。でも、無事ブリュッセルに着いて、かなりホッとしました。


nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 25

コメント 2

gon

タリスは車掌さんの制服もシックですよね☆
by gon (2010-08-31 17:05) 

hawaiian

あ!征服は憶えてない 。。
何とかタリスにも乗れたけど、ずっと緊張してたから。。

by hawaiian (2010-08-31 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。